八戸までつながる。東北新幹線・山形新幹線で携帯電話通信サービス拡大

2018年12月17日14:27  サービス

トンネル内でもつながる携帯電話通信サービス区間が2018年12月27日に拡大します。東北新幹線(八戸 手前~八戸)と山形新幹線(板谷~峠)が対象です。

トンネル内でもつながる

2018年12月27日(木)からトンネル内でもつながるようになるのは2区間です。

東北新幹線 八戸駅まで

東北新幹線は八戸駅(手前)~八戸のトンネル長13.8kmが対象です。

東北新幹線では東京~八戸の全線で通信可能になります。

2018年度内に八戸駅~七戸十和田駅(手前)のトンネル内でも通信サービス開始が予定されています。

山形新幹線 板谷~峠も

山形新幹線の福島駅~米沢駅間にある板谷駅~峠駅のトンネル長4.1kmが対象です。

山形新幹線では東京駅~福島駅~庭坂駅と板谷駅~峠駅でトンネル内でも通信可能になります。

福島駅~6.9キロ~庭坂駅~14.3キロ~板谷駅~3.3キロ~峠駅~15.6キロ~米沢駅

上越新幹線でも2018年度内に拡大

上越新幹線では東京駅~高崎駅~上毛高原駅と、トンネルがない長岡駅~新潟駅で通信が可能です。

2018年度内には、上毛高原駅~越後湯沢駅と長岡駅(手前)~長岡駅の2区間で通信サービスの拡大が予定されています。

北陸新幹線も2018年度内に拡大

北陸新幹線では東京駅~上田駅(手前)と新親不知トンネル西側~黒部宇奈月温泉駅~金沢駅でトンネル内でも通信が可能です。

2018年度内には、上田駅(手前)~長野駅~飯山駅で通信サービスの拡大が予定されています。

黒部宇奈月温泉~富山でもつながる。北陸新幹線で携帯電話通信サービス拡大
新八代の少し先までトンネルでもつながる。11月1日から九州新幹線の携帯電話通信サービス拡大2018

東北新幹線及び山形新幹線(奥羽本線)における携帯電話サービスの一部開始について(JR東日本)

関連ワード:サービス 携帯電話通信サービス 東北新幹線 山形新幹線 トンネル 八戸 福島

前の記事 次の記事