新八代の少し先までトンネルでもつながる。11月1日から九州新幹線の携帯電話通信サービス拡大2018

2018年10月22日15:36  ニュース

九州新幹線の博多~新八代の全線に加え、新八代駅から鹿児島中央方面へ約13キロの区間でトンネル内でもスマホ・携帯などが2018年11月1日からつながるようになります。

新八代の少し先までトンネルでもつながる

2018年11月1日(木)から携帯電話通信サービスを開始するのは、九州新幹線の新八代駅から鹿児島中央方面へ約12.7kmの区間です。すでに博多~新八代間の全線ではトンネル内でもスマホや携帯がつながります。

「みずほ」の下りでは、新八代通過後に約3分はトンネル内でもつながることになります。

九州新幹線の新八代から約12.7kmの地点~新水俣~出水~川内(手前)のトンネル内についても順次サービスが開始される予定です。

山陽新幹線では新大阪~博多の全線でトンネル内でも携帯電話通信サービスを利用できます。

冬の臨時列車2018~2019、年末年始や3連休などに多くの列車が運転

九州新幹線 携帯電話のサービスエリア拡大について(JR九州)

関連ワード:ニュース 九州新幹線 携帯電話通信サービス トンネル内 新八代

前の記事 次の記事