N700A15編成を山陽新幹線に追加投入。JR西日本、2019年度までの3年間。700系16両編成は引退。

2016å¹´12月21日16:32  ニュース

JR西日本はN700Aを2019年度までの3年間で15編成投入すると発表しました。

N700Aを15編成投入

JR西日本はN700Aを2017年度に3編成、2018年度に6編成、2019年度に6編成の計15編成追加投入します。

2019年度末にはJR東海とあわせて東海道・山陽新幹線を直通する車両は全てN700Aになり、700系(16両編成)は引退します。

サービス全体が向上

N700Aの追加投入と既存のN700・N700A改造により、地震発生時のブレーキ停止距離の短縮など安全性が向上します。

16両編成の車両が全てN700A化されることにより、東海道・山陽新幹線のサービスがさらに向上します。

  • 東海道新幹線の全N700A化→全体的な時間短縮と快適性の向上
  • 臨時直通「のぞみ」(東京~岡山・広島・博多)の全N700A化→時間短縮と快適性の向上
  • 16両編成すべてが喫煙ルームを備えた全席禁煙の車両に

全トンネルでつながる!山陽新幹線の全線で携帯電話通信サービス12/22から開始
八女煎茶の販売とコーヒーノベルティキャンペーン開始!ホットな山陽新幹線の車内販売2017年2月下旬まで
東海道・山陽新幹線3月4日ダイヤ改正2017!「のぞみ」「ひかり」毎時1本など所要時間短縮、東海道「ひかり」は全てN700Aタイプへ!

東海道・山陽新幹線車両 N700Aを3年間で15編成投入(JR西日本)

関連ワード:ニュース N700A 山陽新幹線 JR西日本 追加投入 700系 引退

前の記事 次の記事