東海道新幹線ファミリー車両、2018ゴールデンウィークも設定。気兼ねせず楽しい家族旅行を

2018å¹´02月08日10:22  ニュース

東海道新幹線「ファミリー車両」がゴールデンウィーク期間中2018年4月27日~5月7日に設定されます。

東海道新幹線ファミリー車両

「ファミリー車両」は、2018年4月27日(金)~5月7日(月)に1日片道1~3本の東海道新幹線「のぞみ」(東京~新大阪)に設定されます。

設定区間は東京・品川・新横浜⇔名古屋・京都・新大阪と、名古屋⇔京都・新大阪です。片道から利用可能。

おとな1名+小学生以下のお子様1名以上の合わせて2名以上から、JR東海ツアーズで申し込みできます。

出発日の4日前まで申し込みが可能です。

ファミリー車両の特徴

お子様連れ限定の車両なので周りはみなさんファミリー。気兼ねせず家族旅行を楽しめます。

プラス1席サービス!
有料人数が2名なら3列席、3名なら2列席を連番で4席利用できます。ベビーカーなどの大きな荷物があっても安心です。ワンドリンク引換券が有料人数分ついてくる特典もあります。

車内でプレゼント!
お子様(乳児除く)1名に1つ「親子で楽しむ新幹線×はなかっぱ オリジナルレジャーシート」と「JR東海ミニプラレールブック」、1組に1セット「P&G PANTENE お試しセット」のプレゼント。

家族旅行の思い出に!
車内で乗車記念パネルといっしょに記念撮影ができます。

さらに抽選で「プラレールセット」や「レノアハピネス柔軟剤3種の香りセット」などが総計100名に当たります。

おねだん

たとえば東京・品川~新大阪なら、おとな(12歳以上)13,500~14,000円、こども(6歳以上12歳未満)・幼児(1歳以上6歳未満)6,000~6,200円、乳児(1歳未満)0円です。

1~6歳の幼児にも座席が用意されるので有料になります。1歳未満の乳児は無料です。

ファミリーでどこへ行く?

関西では「ミニオン・パーク」も大人気「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」や「大阪海遊館」など。

名古屋ではテーマパーク「レゴランド・ジャパン」や「リニア・鉄道館」など。

東京では35周年を迎える「東京ディズニーリゾート」や「東京スカイツリー」など。

東海道新幹線2018年3月17日ダイヤ改正。のぞみ時間短縮
事前申込で窓口に並ばず座席確保。エクスプレス予約・スマートEX
春の臨時列車2018。GWなどに多くの列車が運転

東海道新幹線ファミリー車両で行こう!(JR東海ツアーズ)

関連ワード:ニュース ファミリー車両 ゴールデンウィーク 東海道新幹線 家族旅行 ファミリー

前の記事 次の記事